禁煙外来と各市の取り組み

たばこと言えば百害あって一利無し。そういわれるにはそれ相当の理由があります。まずたばこに含まれる代表的な物質のニコチンは赤ちゃんが食べてしまえば死亡する危険を持つ物質です。火をつけたときに出る煙のうち、主流煙と呼ばれる煙はたばこを吸っている本人を蝕んでいきます。大抵喫煙を始めてから30年後位から閉塞性動脈硬化症や慢性閉塞性肺疾患そして肺癌などの病気に悩まされる人が出てくるのです。更にたばこを吸う本人以外が迷惑を被るのが副流煙です。主流煙よりも毒性が強く、喘息発作を誘発させたり子供の発育を阻害したり、健康以外の所では部屋が汚なく黄色になり、服や髪の毛に不快な臭いがつきます。火の扱いによっては火傷や火事を起こします。悪いことしかないのに吸っている本人である喫煙者は止められないのです。この状態をニコチン依存症といいます。最近TVで禁煙外来という言葉を耳にしますが、この禁煙外来でニコチン依存症の治療が出来るのです。専門的な病院ではなく、近所の一般内科で標榜している所があればいつからでも始められます。先生の指導のもと、ニコチンが脳内物質と結合して旨いと感じさせる働きを阻害する内服薬を服用していくのです。2週間程の治療ですが、その間に薬によってたばこを旨いと感じにくくなり約5割の方が禁煙に成功したというデータもとられています。また名古屋市や千葉市ではホームページに受動喫煙防止対策を掲げていますし、川越市においては駅周辺は決められた場所以外禁煙にする等自治体によって様々な対策がとられています。それだけもし喫煙するのであればマナーが徹底されるべきということで社会が動いてるということです。こういった事から見てもたばこというものは節度を守れなくなった時点が止めどきで、潔く禁煙外来に行くべきなのでしょう。百害あって一利無しですから。