新宿区の禁煙と受動喫煙防止の意義について

新宿駅を持つ新宿区と言うのは路上禁煙、歩行禁煙となっているエリアが広範囲となっています。
これは新宿区だけではありませんが、歩きながらの喫煙と言うのは人とすれ違った時に煙を相手に吸わせてしまうリスクと、火種などが小さな子供の顔や腕などに付着する事で生じる火傷などの問題が在る事からも、歩行禁煙となっていなくても歩き煙草は控える意義が在ると言えるのです。

尚、新宿区の中では煙草を吸うことが出来る場所と言うのは数こそは少ないものの、街中に喫煙所が設けられている場所が在ります。
以前は、街角の一角に灰皿が設置されていて、そこで喫煙を行えるようになっていたのですが、この状態だと喫煙者が吐き出した煙が通行人などに当たるなどの理由からも、ブースの様な形で喫煙所が囲まれており、喫煙する人はそのブースの中に入って喫煙をする事が義務付けられているのです。

尚、煙草の煙と言うのは受動喫煙をする事になると言われているのですが、受動喫煙と言うのは喫煙者が吐き出した副流煙と呼ばれている煙を吸い込む事で起きるもので、煙草を吸わない人も喫煙者が吐き出した副流煙を吸い込む事で喫煙をしたのと同じような健康被害を受けると言われているのです。

そのため、新宿区の喫煙所のようにブースにして煙が外に流れないようにすると言う手法は意義が在る事だと言われているわけです。

また、これは街中の喫煙所だけではなく飲食店や喫茶店においても同じように、喫煙席と禁煙席をしっかりと分けて、喫煙席はブースのような囲まれた空間で喫煙をすると言う分煙化が進められていたり、全席禁煙にしておいて、喫煙所を店内に設けると言ったことも受動喫煙を防止する目的において意義が在る事なのです。