喫煙が与える体への影響とは

たばこは4000種類以上の化学物質とダイオキシンといった約200種類の有害物質、約60種類の発がん性物質が含まれているため、喫煙すると体に様々な影響をもたらします。

特に、ニコチンやタール、一酸化炭素は体に悪影響をもたらすと言われており、ニコチンは、ニコチン依存症を引き起こし、血管を収縮させ血流を悪くしたり、発がん性物質を含んだタールは、肺がんをはじめとした様々ながんを発生させたり、がん細胞の増殖を促進させてしまいます。
一酸化炭素は体を酸欠状態にし、動脈硬化や狭心症、心筋梗塞などの重篤な病気を引き起こすリスクを高めます。

また喫煙すると、がんだけではなく、歯周病や消化性潰瘍、血圧の上昇、動脈硬化、慢性閉塞性肺疾患、消化器疾患、精子の異常、インポテンツなど、様々な病気になりやすくなります。
女性は、閉経が早まったり、骨粗しょう症、肌荒れやシミ、そばかすができやすくなり、健康面や美容面に大きく影響します。

妊娠中の女性が喫煙すると、ニコチンや一酸化炭素によって胎盤への血流が減少して、胎児への酸素や栄養の補給が上手くいかず、低身長や低体重で生まれてしまう可能性が高まります。
さらに、口唇、口蓋裂、先天性心疾患といった先天性の異常になるリスクも高まったり、母親が喫煙することで、子どもが肺炎や気管支炎などの呼吸器疾患、体の発育不全、乳幼児突然死症候群、発達障害になったり、タバコの誤飲をしてしまう可能性もあります。
喫煙は、女性の体の影響だけではなく、胎児への影響や不妊、卵巣機能が低下したり、月経不順や無月経になる恐れもあります。

20歳未満の未成年は法律で喫煙が禁止されていますが、未成年が喫煙すると、体力や呼吸機能が低下したり、思考力や学習能力も衰えることがわかっています。
煙草を吸うと、脳や皮膚、胃への血流が少なくなるので、心臓への負担が大きくなってしまうため、様々な悪影響が現れてしまうのです。