禁煙が続かない理由について

昔はタバコをプカプカと吸っている人が街にあふれる時代もありましたがいまは、ほとんどいません。
タバコによって健康被害が叫ばれるようになってから久しいので、喫煙者は減少しています。
実際にタバコによって肺がんにリスクも高まりますし、受動喫煙の問題もあって、禁煙をする人も増えています。
しかしすべての人が禁煙を成功できるわけではありません。
中には禁煙をはじめて1日も続かないで断念してしまったという人も多いです。
続かない大きな理由は、ヘビースモーカーの多くがニコチン依存症になっているという理由から、続かないのです。
こうなっては立派な病気と言わざるを得ないので、自分の意思では簡単に禁煙などできないレベルなのです。
それでも健康のために、なんとしても禁煙をしたいというときは、医療機関にいくことをお勧めします。
いまは禁煙外来という科もできていますので、そこにいくのが成功のためには必要といってもいいでしょう。
そこでは、まずどの程度のニコチン依存症なのかという検査から始まります。
自分の息にどの程度の一酸化炭素が入っているかを調べるのです。
そしてそこから、禁煙に向けた治療がはじまっていきます。
少し前でしたら、ニコチンガムとかニコチンパッチをはって少しずつニコチンを減らしていく治療をしていたのですが、それではいつまでもニコチンから離脱できないということで、いまはニコチンが含まれない薬の服用が一般的になっています。
この方法は、たばこの味がおいしく感じられないようにする効果があるということです。
この方法ですといままで、禁煙が続かない人でも、成功することができるという理由で、こちらの方法を試す人が増えているということです。

禁煙の失敗の原因となる禁断症状

現代は喫煙者にとって厳しい時代になっています。
タバコの値段も上がり、喫煙可能な場所も減少し、健康のを考慮して誰もが一度は禁煙を考えたことがあるのではないでしょうか。
禁煙にチャレンジしたが失敗したという話はよく耳にしますが、なぜ禁煙に失敗してしまうのでしょうか。
まずは喫煙のメカニズムを理解する必要があると思われます。
喫煙によりニコチンが血中に補充され、それが脳内にあるニコチン受容体と結合することにより、快楽物質を放出し、それによって満足感や幸福感を得ることになります。
時間が経つとニコチンは分解され、血中濃度が下がり、脳がニコチンを欲して禁断症状が出ますので、我慢できずに再度喫煙してニコチンを補充して快楽を得るという無限の連鎖にはまり込んでしまうわけです。
何の知識もなく思いつきで禁煙を始めてみても、2,3日は続くが結局失敗してしまうのは当然なので、メカニズムを知り、対策してやる必要があります。
そこで禁断症状を抑えつつ徐々に禁煙していく方法がいくつかあります。
代表的なものとしてはニコチンガムやニコチンパッチ、離煙パイプといわれるものが挙げられます。
ニコチンガムやニコチンパッチは、噛んだり貼ったりすることでニコチンを血中に補充できるので、禁断症状を抑えることが出来ます。
離煙パイプはいつも吸っているタバコの吸い口にフィルターパイプを取り付けるだけですが、いずれの場合も徐々にニコチン量を制限して最終的に禁煙に到達するというものです。
しかし生活のリズムのなかに喫煙が入ってしまっている場合には、生活習慣を変化させる必要があります。
朝起きた時や食事の後に必ずタバコを吸う人はその時に歯磨きをするとか、お酒を飲んだ時に必ず吸いたくなる人はお酒を我慢するとか、自分にとって喫煙と関係ある行動を制限したり、代償となる行動を考えなければいけません。
禁煙補助具を上手く活用し、禁断症状に立ち向かいましょう。