禁煙に失敗する理由

昨今、喫煙者への風当たりが強くなってきました。
主要な公的スペースは全面禁煙がすすめられていますし、相対的に喫煙スペースが縮小されており、愛煙家は肩身が狭い社会になっています。
そもそも、タバコは体に害があるものですから、このような社会風潮を機に禁煙してみようと思う人は多いようです。

ですが、禁煙を失敗してしまう人は多くいます。
それはなぜでしょうか?それには、大きく分けて3つの理由があります。

禁煙を失敗してしまう理由で一番多いのがストレスです。
タバコをやめて数日ほどするとニコチンが体から抜けていくことで、体がタバコを欲するようになります。
これがイライラにつながります。
喫煙するとイライラが抜けることを体が覚えているため、ついタバコに手が伸びてしまうのです。
これを避けるためには、タバコ以外のストレス解消法を見つけるのが良いでしょう。
運動など、健康に良い趣味を見つけられるとより良いですね。

次に多いのが、禁煙意志の弱さからくる失敗です。

そもそも、タバコを止めるというのはちょっとの思い付きではできません。
ニコチン依存から脱出するのですから、自分の意志だけでやめるのは困難なのです。
そのため、やめるための環境づくりも同時に始める必要があります。
灰皿や手持ちのタバコを捨てたり、友人たちのタバコをもらわないようにするなど、物理的にタバコを吸えなくなるように環境整備をしていく必要があります。

また、意外に多いのがアルコール摂取からの禁煙失敗です。

飲み会の席などで気が緩むと、節制の意志が崩れやすくなり、つい一本吸ってみたくなってしまいます。
また、飲み会などの席では他の喫煙者が近くにいたりして、誘惑が多いということもあります。

禁煙を始めたばかりのときには飲み会などを控えるのがよいでしょう。
どうしても出席しなければならないときには、喫煙者のそばには座らないなど、できるだけタバコを遠ざけるようにするのが無難です。

このように禁煙を失敗してしまう要因は多く、タバコが止められないという方はニコレットのようなガムタイプの禁煙薬を試してみるのも一つの手段ですが、なかなか止めれないというのが実情です。
というのは、こういった薬の禁煙効果を実感するなら3日目を乗り越える必要がまずはありますが、3日目までもたずに煙草を吸ってしまう人が多いのです。大半の人はここで脱落します。また、ニコレット使ってるからタバコ吸ってもいいんだと勘違いしている人も多く、こうなってしまうと3日もつ、もたない以前の話になってしまいます。
こういった禁煙薬を使ってみても上手くいかないという方は、精神的な疾患が禁煙を妨げている場合もありますので素直に禁煙外来がある病院へいきましょう。

二コレットのジェネリック医薬品ニコテックスは禁煙中のイライラを抑えてくれる禁煙治療薬です。
ニコレット